会長挨拶

  • HOME »
  • 会長挨拶

 当後援会は昭和16年に初代学校長シスター村越あん先生のもと、田園調布雙葉学園の前身である雙葉第二初等学校の認可と同時に発足し、学園と共に歩んできた歴史ある後援会でございます。当初、学園は第一校舎一棟だけの学校でしたが、中学ができる時には中学校校舎、高等学校がオープンする時には高等学校校舎を建てるため、土地を次々と用意していったのは、すべて後援会の働きによるものだったと聞き及んでおります。
平成3年には、学園創立50周年記念式典を機に記念講堂・体育館建設に協力し、近年では、会員の皆様、そして同窓会の皆様方にも多大なご協力をいただき、中高正門前の「多目的館」の土地の買収・改修にも、寄与してまいりました。
このように後援会は、校訓「徳においては純真に、義務においては堅実に」を大切な指針とし、学園最大の応援団として活躍を続け、「後援会と同窓会は、学園を支える両輪」とまで称されるようになってまいりました。これも一重に歴代の後援会会員の皆様のご尽力のお陰と感謝しております。時代は少子高齢社会、国際化が進み、学園の持つカトリック校としての「女子の一貫教育」という理念、「田園調布雙葉学園らしさ」を堅持していただくためには、後援会もまた新しい支援の仕方を皆様と共に模索し、活動していかなくてはならない時期となってまいりました。
更に「国家100年の大計」、田園調布雙葉学園は、2016年にお陰様で創立75周年を無事終えることが出来ましたが、これから80周年、100周年と皆様のお子様方の次世代へ繋いでいくためには、我々後援会の支援の輪をさらに広げていくことが必要不可欠であり、この時代を担う我々にしかできない特権とも考えております。
つきましては、一層のご理解とご支援を賜りたく、お願い申し上げる次第です。

 

田園調布雙葉学園
後援会会長 岩崎 毅

 

PAGETOP
Copyright © 田園調布雙葉学園後援会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.